So-net無料ブログ作成

事実を見る眼 [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
物事は一元論で考えない。ましてや、二元論でも。

(概要)
1984年から1985年にかけて、
世の中で起こった出来事について、
筆者の視点で思うところを論破しています。
エッセイとも言えるし、社説とも言えます。
クリティカルコアを持った職場の大先輩の
お勧めの本だと教えてもらい、
早速読んでみました。

新聞やニュースで報じられる報道が、
あらゆる角度から、いろいろな目線で見た上で
文章がまとまっているのか、
一元的になってはいないか、
読者サイドも自分自身の論点を持って
読んでいかなければ、と痛感しました。

正直、
ネットで流れている(一部の)ニュースの、
一元的に書かれている記事がどれほど多いか。

(読んだ後に実践したこと)
・面白い記事に出会ったときに、
賛成・反対それぞれの立場から見るように心がけた
タグ:柳田邦男
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。