So-net無料ブログ作成

カキフライが無いなら来なかった [人生訓]




◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★☆☆☆☆

(一言メッセージ)
こんな風にツイートできたら。

(概要)
構成作家のせきしろ氏と、
お笑いコンビ「ピース」又吉直樹氏による共著。

287ページの中に、数多の散文詩と、
いくつかのエッセイがまとめられています。
2009年6月に第1版を発行しているということは、
この頃はお二方ともさほど有名になっていない頃ですから、
出版した幻冬社が二人の才能を見抜いていたという
ことなんでしょうね。

二人の屈折感が好きです。
視線や目線を変えたら、このような詩が生まれるのかな。

ピース又吉氏は、
やや暗いテンションでブレイクした数少ない芸人の一人で、
一般人とはすこしずれた発想が受けているわけですから、
メディアに出続けて、又吉氏の発想に一般人が追いついてくると
ちょっと辛そう。また、他の芸人さんがいいそうなことを
又吉氏には言って欲しくないと思うのは私だけでしょうか。

そういう意味で言うと、
最後に書かれているエッセイ
「オハヨウが言えなかったサヨナラは言おう(又吉)」は、
エッセイの出来としては秀逸だが、
「こういう普通の一面もあるんだ」と読者に気づかせてしまうのは
ちょっともったいないかも。

(読んだ後に実践したこと)
意図的に削除して、背景を読者に想像させるツイートに変えた
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。