So-net無料ブログ作成

お金の話をやさしく伝える本 [人生訓]




◎また読みたい!→★★★☆☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
お金と健康的に接していこう。

(概要)
お金ってなあに?
子どもから聞かれて戸惑う大人は多いはず。

何しろ、学校教育や道徳の時間でも、
「お金は大切に」ぐらいしか記憶に残っていなく、
どういう性質を持っていて、何ができて、
お金とどのように向き合えばいいのかを
真剣に考えたことがあったかなあ。

この本は、
お金をどのように稼いだらいいかが
書かれているわけではなく、
健康的にお金と接していくには、
どのように考えておくべきかが
分かりやすく書かれています。

自分なりにお金についての考えをまとめることができれば、
人生の要らぬ苦労は少しでも減るかもしれません。

(読んだ後に実践したこと)
・お金の3つの機能をメモ書きした
・子どもと、お金についてオープンに語るようにした
タグ:お金 本田健
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

レバレッジ勉強法 [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★☆☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
ラクに、最短距離で、最大の成果を。

(概要)
少ない労力で多くの成果をあげるための
レバレッジマネジメントのアドバイスを
行っている著者による、
仕事に役立ち、継続的なリターンを得るための
指南本です。

何を勉強し、ラクに勉強できる仕組みを作り、
成果に直結するスケジューリングを組むと、
最大限の効果が現れる、と。

小学校から大学までの時間割が
なぜ存在しているのか、その理由を
生理学的に考えると、おのずと
自分に合った勉強法が身に付くはずです。

(読んだ後に実践したこと)
・テキストは3回は回す
・「自分投資時間」 を確保する計画を立てた
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ビジネスモデルを見える化するピクト図解 [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
ビジネス3W1Hとピクトでビジネスモデルを見える化しよう。

(概要)
リクルートに勤めていた著者が実践してきた、
ピクトを使ったビジネスモデルの見える化を
体現化した本です。

冒頭の、
サッカーのたとえは秀逸です。
ピッチに立つ選手と、テレビで全体を見ている一般人。
見え方はまるで異なりますが、
経営者の物の見方と、
最前線で営業に立つ人の物の見方は、
当然ながら違いますよね。

成功しているビジネスモデルを
紐解くことで自身のビジネスに転写できるかどうかを
支えてくれるひとつの手法として、
ピクトによる見える化を提案しています。

無論、ピクトは手法であり、
知っているだけでは身に付かないです。
実践あるのみ、ですね。

(読んだ後に実践したこと)
・我が家の固定費をピクト化して、インカムラインへの転化を考慮した
・人に説明するときに、ピクトを用いることにした
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

脳内革命 [身体が資本]


脳内革命―脳から出るホルモンが生き方を変える

脳内革命―脳から出るホルモンが生き方を変える

  • 作者: 春山 茂雄
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 1995/05
  • メディア: 単行本


◎また読みたい!→★★☆☆☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
脳から出るホルモンが生き方を変える。

(概要)
脳トレや脳科学ブームが起こる
10年以上も前に発刊された、
医学博士春山茂雄氏による脳科学本です。

正直なところ、
化学物質の単語が多く出てくるため、
心して読まないと、難解さを感じることがあります。
事象は平易なものを取り扱っていて、
身近に起こりうることなので、
わかりやすいと言えばわかり易いですけどね。

脳を若く保つための食生活など
ためになることが多く書かれていますので、
一読して頭に入れておくと、
普段の生活に応用が利きそうです。

(読んだ後に実践したこと)
・古くなった食品はむやみに食べない
・脳内モルヒネを出す活動を心がける
タグ: 春山
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

子育てハッピーアドバイス 知っててよかった小児科の巻 [身体が資本]




◎また読みたい!→★★★★★
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
少々のことでじたばたしない。

(概要)
小児科医である著者が、
子どもの病気、症状などを見て、
家庭でなるべく判別できるように、と
書かれた本です。

これは、大人にも通ずるところがあり、
何でもかんでも薬に頼らなくても、
人間には自然治癒力があるのだから、
どんと構えていればいいと思うのです。

たとえば、
37.5度の熱が出たとして、
熱が続くようなら医師の診断を仰ぐべきでしょうけど、
出始めですぐに解熱剤を飲むのは、
ナンセンスなことだと思うわけです。

熱がなぜ出ているのかを身体が理解していれば、
安易に薬は飲めないはずです。

(読んだ後に実践したこと)
・高熱では驚かなくなった
・むやみに解熱剤を飲まなくなった
・厚生労働省のサイトに行くようになった
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬 [身体が資本]


医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬

医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬

  • 作者: 母里 啓子
  • 出版社/メーカー: ジャパンマシニスト社
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 単行本


◎また読みたい!→★★★★★
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
インフルエンザ・ワクチンは賞味期限1年。

(概要)
医学博士の母里啓子さんによる、
インフルエンザとワクチンにかかわる考察を、
Q&A形式でまとめられた本です。

行きつけの鍼の先生に薦められて読んだ訳ですが、
学童の時代に予防接種を受けて育った私としては、
その経験が身体に染み込んでしまっているので、
ある意味カルチャーショックを受けています。
日本にいながらにして。

厚生労働省の批判をするつもりはありませんが、
与えられた情報を妄信することなく、
いろいろな切り口で語られていることを
自分なりに咀嚼して、自身の考えを
身に付けていきたいです。

この本は、
小さいお子さんをもつ親に特に読んで欲しいです。

(読んだ後に実践したこと)
・高熱では驚かなくなった
・むやみに解熱剤を飲まなくなった
・厚生労働省のサイトに行くようになった
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。