So-net無料ブログ作成

考え抜く社員を増やせ! [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
将棋指しになりますか。それとも将棋のコマになりますか。

(概要)
副題は、変化に追われるリーダーのための本 です。

職層が上がっていくにつれて、
立ち振る舞い方や思考は変化していかなければなりません。

効率化、標準化の名のもとに、
限られたリソーセスで最大限のアウトプットを出す風潮が
広がっていますが、その反面、
業務をさばくことを重点に置き、考えることが少なくなったのでは
ないかと思うようになっていたところに
この本に出会いました。

さばくことが上手なビジネスマンっていますよね。
これも才能のひとつなのですが、
経営陣にとって本当に必要な人材は、
考え抜くことができるかどうかなのではないかと思います。

いや、考えてるよ、と思う人が大多数かもしれませんが、
意外に人間は思考停止に陥りやすい人種ですよ。

部長級の仕事をするようになったときに
再び読み返したい本です。

(読んだ後に実践したこと)
・手段が目的にすり替わっていないか今一度確認する
・何のためにするのか、あるべき姿を思い浮かべながら仕事をする
タグ:社員
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

じゃんけんはパーを出せ! [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★☆☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
ビジネスにゲーム理論を。

(概要)
ゲーム理論のすばらしさを世に広めるべく
執筆された、若菜力人氏による著書です。

基本的には著者が経験された事象に対する
考察をゲーム理論を絡めて展開しているように
思います。

トップ1.3%のビジネスマンは「ゲーム理論」を
使っている! とか副題ですが、
ゲームというからにはルールがあるわけですよね。

子どものころ、弱いチームがずっと負け続けないように
適宜ルールを変えてゲームをして遊んだ経験がありますが、
ビジネスの世界でも、特に欧州圏の方々は
自分たちの都合のいいように(こっそりと)ルール改正を
していたりします。

日本人には「守破離」の精神があり、
まずはルールを守るところからスタートしますよね。

このような方々との差を付けたい人向けの本と言えそうです。

(読んだ後に実践したこと)
・ルールを改正することは悪いことではないと認識する
・じゃんけんは、戦略であると認識する
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

社長のノート [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★★★
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
ノートを取ることが重要。

(概要)
2000社を超える企業の再生事業に参画し、
その大半を立て直した経営手腕を持つ、
著者、長谷川和廣氏による、
「OYATTO NOTE」のエッセンスを公開しています。

主に営業畑にいる人向けが読むべき本かと
思いますが、技術畑出身者が、この経営理論を
身に付けていると、社会人人生を
かなり有利に過ごすことができそうな気がします。

社長が書いた本を読んでいると、
その達観した眼力に驚かされます。
新入社員から社長までのあらゆる役職を
経験しているわけですから、
それぞれのポジションでのあるべき役割を
ちゃんと分かっている。

中堅社員に特に読んで欲しい本かなと思います。
ただ、周り全部がこの本を読んで勉強してしまうと
差別化にならなくなるので、こそっと読んで学ぼうかな^^。

(読んだ後に実践したこと)
・「人脈」を作る、「社脈」にならないように心がける
・自身の得意分野を棚卸した
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

リバースオークション戦略 [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★☆☆☆
◎人に薦めたい!→★☆☆☆☆

(一言メッセージ)
身近にある「埋蔵金」を掘り当てよう。

(概要)
ディーコープ株式会社社長の谷口健太郎氏による、
会社のコストを利益に変えるための
手法をまとめられた一冊です。

リバースオークション、端的に述べると
相見積もりをしっかりと取ることにあるわけですが、
利益を生み出し続けるには、
相見積もりを取る仕入先を、新規に開拓し続けることが
重要であると述べているのではなかろうかと思います。

利益を生み出すための構造を
いわゆる「ロングテール」と呼ばれているカテゴリに
着目しているのは大変面白いと思うのです。
IT技術を活用するのも、おそらくこの考え方を
補完する上では重要でしょう。

ただ、筆者の利益構造改革をするうえで、
筆者の会社が手がけているソフトを使ってください、と
最終章で商品の宣伝になってしまっていることが、ちょっと残念です。

もちろん、会社の利益構造を十分に理解した上での
商品説明であるため、ニーズはきっとあるのだと思います。

(読んだ後に実践したこと)
・相見積もりの本当の意味を知った
・仕様の重要性を勉強した
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

朝イチでメールは読むな! [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★★★
◎人に薦めたい!→★★★★☆

(一言メッセージ)
今すぐ役立つ仕事週習慣が身につきますよ。

(概要)
著者の酒巻久氏は、
キヤノン電子社長に就任後、
環境経営の徹底により高収益企業に
成長させた方でいらっしゃいます。
その著者による、仕事習慣の指南本です。

一言一句が明快で分かりやすく、
それでいて耳が痛くなるほどに
自身の業務の仕方のムダに気を付かされました。

新入社員時から、社長にいたるまでの
それぞれの職層であるべく仕事の仕方の
エッセンスも隠されていて、
社長まで上り詰めたからこその、
含蓄のあるお言葉だと受け止めました。

自身の業務を省みる上で、
少なくとも1年に1度は読み返したい本です。
正月に読むのがいいかな。。

(読んだ後に実践したこと)
・打たれ強さの技術的要素を身に付けた
・根回しの本当の意味、技術があることを学んだ
タグ:酒巻久
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ [ビジネス本]





◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
お金と賢く付き合おう。

(概要)
かつて、NHK「週間子どもニュース」のお父さん役を
務められた池上彰氏による経済入門本です。
この当時から、日本や世界の時事ニュースを
小学生でも分かりやすく噛み砕いて
解説していましたが、いまや
池上彰という名前でテレビ番組が出来上がるほどの
売れっ子解説者になりましたね。

「経済のこと・・」は、まさしく
よく分からないままに社会人になってしまった人が、
いまさら人には聞けない経済の仕組みを
こっそりと読むのにちょうどいい本です。

私自身、銀行って何であるんだろうと
10代後半に感じていた素朴な疑問を
解決しないまま今まで生きてきたことを、
この本を読了してから身にしみて感じました。

「買う」「投資する」「借りる」などのくくりで
2ページ完結のコラム形式で書かれているので、
堅苦しくなく読みやすいと思います。
入門書のさらに入門編みたいな感じなので、
この本を読んで感じた疑問点を、
さらに専門書で掘り下げていく、そんな使い方ができそうです。

(読んだ後に実践したこと)
・ソルベンシーマージン比率を理解した
・銀行との付き合い方を家族で話し合った
タグ:経済 池上彰
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。