So-net無料ブログ作成
ビジネス本 ブログトップ
前の10件 | -

40代を後悔しない50のリスト [ビジネス本]




◎また読みたい!→★☆☆☆☆
◎人に薦めたい!→★★☆☆☆

(一言メッセージ)
つまらない40代を過ごさないために・・。

(概要)
著者:大塚寿氏。株式会社リクルート時代に、
社内外10000人以上のヒアリングから、
多くの方が「40代の過ごし方を後悔している」との
知見を得られたとのこと。

続きを読む・・


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方 [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★☆☆☆
◎人に薦めたい!→★★★★☆

(一言メッセージ)
笑顔あってのコミュニケーション。

(概要)
著者の一福島文二郎さんは、
東京ディズニーランドがオープンした
1983年に、第1期の正社員として
オリエンタルランドに入社された方です。
ジャングルクルーズを皮切りに、
いろいろなアトラクションの責任者として
活動されてきました。

続きを読む・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

事実を見る眼 [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
物事は一元論で考えない。ましてや、二元論でも。

(概要)
1984年から1985年にかけて、
世の中で起こった出来事について、
筆者の視点で思うところを論破しています。
エッセイとも言えるし、社説とも言えます。

続きを読む・・・


タグ:柳田邦男
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 [ビジネス本]


ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

  • 作者: 楠木 建
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2010/04/23
  • メディア: 単行本


◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
優れた戦略とは、人に話したくなるもの。

(概要)
著者の一橋大学院教授楠木建さんが、
専攻分野である競争戦略について
まとめられた本です。500ページ。すごいボリューム!

スターバックスカフェやマブチモーターが、
中長期にわたって継続的な利益を得ている理由を、

続きを読む・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く [ビジネス本]


デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

  • 作者: 藻谷 浩介
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: 新書


◎また読みたい!→★★☆☆☆
◎人に薦めたい!→★★☆☆☆

(一言メッセージ)
経済と人口ピラミッドは相関関係、か。

(概要)
著者の藻谷浩介さんが、
実地調査をもとに、独自の視点で
日本経済を解き明かしています。

続きを読む・・・


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ドラッカーの教えどおり、経営してきました [ビジネス本]


ドラッカーの教えどおり、経営してきました

ドラッカーの教えどおり、経営してきました

  • 作者: 酒巻 久
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2011/02/18
  • メディア: 単行本


◎また読みたい!→★★★★★
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
ドラッカーの思想は、「仏教的」かつ「儒教的」である。

(概要)
キャノン電子社長の酒巻久氏が、
ドラッカーの思想を経営で実践してきた、
その実施例とエッセンスをまとめた本です。

本のタイトルは、極めて謙虚ですが、

続きを読む・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート2 [ビジネス本]


2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート2

2000社の赤字会社を黒字にした 社長のノート2

  • 作者: 長谷川 和廣
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2010/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



◎また読みたい!→★★☆☆☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
経営者の立場で考えてみようか。

(概要)
長谷川和廣氏が貯めた「おやっとノート」から
ビジネスと人生訓に役立つ文言を
集めたビジネス指南本です。

平社員から、社長までの役柄のそれぞれに
当てはまる内容のものがちりばめられていて、

続きを読む・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

考え抜く社員を増やせ! [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
将棋指しになりますか。それとも将棋のコマになりますか。

(概要)
副題は、変化に追われるリーダーのための本 です。

職層が上がっていくにつれて、
立ち振る舞い方や思考は変化していかなければなりません。

効率化、標準化の名のもとに、
限られたリソーセスで最大限のアウトプットを出す風潮が
広がっていますが、その反面、
業務をさばくことを重点に置き、考えることが少なくなったのでは
ないかと思うようになっていたところに
この本に出会いました。

さばくことが上手なビジネスマンっていますよね。
これも才能のひとつなのですが、
経営陣にとって本当に必要な人材は、
考え抜くことができるかどうかなのではないかと思います。

いや、考えてるよ、と思う人が大多数かもしれませんが、
意外に人間は思考停止に陥りやすい人種ですよ。

部長級の仕事をするようになったときに
再び読み返したい本です。

(読んだ後に実践したこと)
・手段が目的にすり替わっていないか今一度確認する
・何のためにするのか、あるべき姿を思い浮かべながら仕事をする
タグ:社員
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

じゃんけんはパーを出せ! [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★☆☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
ビジネスにゲーム理論を。

(概要)
ゲーム理論のすばらしさを世に広めるべく
執筆された、若菜力人氏による著書です。

基本的には著者が経験された事象に対する
考察をゲーム理論を絡めて展開しているように
思います。

トップ1.3%のビジネスマンは「ゲーム理論」を
使っている! とか副題ですが、
ゲームというからにはルールがあるわけですよね。

子どものころ、弱いチームがずっと負け続けないように
適宜ルールを変えてゲームをして遊んだ経験がありますが、
ビジネスの世界でも、特に欧州圏の方々は
自分たちの都合のいいように(こっそりと)ルール改正を
していたりします。

日本人には「守破離」の精神があり、
まずはルールを守るところからスタートしますよね。

このような方々との差を付けたい人向けの本と言えそうです。

(読んだ後に実践したこと)
・ルールを改正することは悪いことではないと認識する
・じゃんけんは、戦略であると認識する
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

社長のノート [ビジネス本]




◎また読みたい!→★★★★★
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ)
ノートを取ることが重要。

(概要)
2000社を超える企業の再生事業に参画し、
その大半を立て直した経営手腕を持つ、
著者、長谷川和廣氏による、
「OYATTO NOTE」のエッセンスを公開しています。

主に営業畑にいる人向けが読むべき本かと
思いますが、技術畑出身者が、この経営理論を
身に付けていると、社会人人生を
かなり有利に過ごすことができそうな気がします。

社長が書いた本を読んでいると、
その達観した眼力に驚かされます。
新入社員から社長までのあらゆる役職を
経験しているわけですから、
それぞれのポジションでのあるべき役割を
ちゃんと分かっている。

中堅社員に特に読んで欲しい本かなと思います。
ただ、周り全部がこの本を読んで勉強してしまうと
差別化にならなくなるので、こそっと読んで学ぼうかな^^。

(読んだ後に実践したこと)
・「人脈」を作る、「社脈」にならないように心がける
・自身の得意分野を棚卸した
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - ビジネス本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。