So-net無料ブログ作成
検索選択
身体が資本 ブログトップ

脳内革命 [身体が資本]


脳内革命―脳から出るホルモンが生き方を変える

脳内革命―脳から出るホルモンが生き方を変える



◎また読みたい!→★★☆☆☆
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ
脳から出るホルモンが生き方を変える。

(概要)
脳トレや脳科学ブームが起こる
10年以上も前に発刊された、
医学博士春山茂雄氏による脳科学本です。

正直なところ、
化学物質の単語が多く出てくるため、
心して読まないと、難解さを感じることがあります。
事象は平易なものを取り扱っていて、
身近に起こりうることなので、
わかりやすいと言えばわかり易いですけどね。

脳を若く保つための食生活など
ためになることが多く書かれていますので、
一読して頭に入れておくと、
普段の生活に応用が利きそうです。

(読んだ後に実践したこと)
・古くなった食品はむやみに食べない
・脳内モルヒネを出す活動を心がける
タグ: 春山
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

子育てハッピーアドバイス 知っててよかった小児科の巻 [身体が資本]




◎また読みたい!→★★★★★
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ
少々のことでじたばたしない。

(概要)
小児科医である著者が、
子ども病気、症状などを見て、
家庭でなるべく判別できるように、と
書かれた本です。

これは、大人にも通ずるところがあり、
何でもかんでも薬に頼らなくても、
人間には自然治癒力があるのだから、
どんと構えていればいいと思うのです。

たとえば、
37.5度の熱が出たとして、
熱が続くようなら医師の診断を仰ぐべきでしょうけど、
出始めですぐに解熱剤を飲むのは、
ナンセンスなことだと思うわけです。

熱がなぜ出ているのかを身体が理解していれば、
安易に薬は飲めないはずです。

(読んだ後に実践したこと)
・高熱では驚かなくなった
・むやみに解熱剤を飲まなくなった
・厚生労働省のサイトに行くようになった
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬 [身体が資本]


医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬

医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬



◎また読みたい!→★★★★★
◎人に薦めたい!→★★★☆☆

(一言メッセージ
インフルエンザ・ワクチンは賞味期限1年。

(概要)
医学博士の母里啓子さんによる、
インフルエンザとワクチンにかかわる考察を、
Q&A形式でまとめられた本です。

行きつけの鍼の先生に薦められて読んだ訳ですが、
学童の時代に予防接種を受けて育った私としては、
その経験が身体に染み込んでしまっているので、
ある意味カルチャーショックを受けています。
日本にいながらにして。

厚生労働省の批判をするつもりはありませんが、
与えられた情報を妄信することなく、
いろいろな切り口で語られていることを
自分なりに咀嚼して、自身の考えを
身に付けていきたいです。

この本は、
小さいお子さんをもつ親に特に読んで欲しいです。

(読んだ後に実践したこと)
・高熱では驚かなくなった
・むやみに解熱剤を飲まなくなった
・厚生労働省のサイトに行くようになった
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ワイル博士のナチュラル・メディスン [身体が資本]


ワイル博士のナチュラル・メディスン

ワイル博士のナチュラル・メディスン



◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★★☆

(一言メッセージ
自分の健康に責任をもつすべを身につけよう。

(概要)
アメリカ人を頭におきながらまとめられた
ワイル博士のナチュラルメディスンを、
上野圭一さんの手によって、
日本向けに翻訳された、
自分の健康に責任をもつすべを
身に着けるための激励の書です。

食べる・飲む・運動・病気・休息など
生活するうえで欠かせないこの事柄に対して、
全460ページにわたって解説されています。
一気に読破するのは難しいですが、
1コラムずつ読んでいくと、
割とすんなり読めます。

大概のことはこの本に書かれています。
ふと気になったら読む、それぐらいの
スタンス、教科書的な位置づけで持っているとよさそうです。

(読んだ後に実践したこと)
・唯一の健康法などないことを実感した
・良医を見分ける方法を身に着けた
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

病気にならない「冷えとり」健康法 [身体が資本]




◎また読みたい!→★★★★☆
◎人に薦めたい!→★★★★☆

(一言メッセージ
足元を暖めると健康になれますよ。

(概要)
冷えは万病の元。
冷え性ではなく、冷え。
足元の冷えを感じられることが、
健康に近づく第一歩だと思います。
私も、この本を読むまで
足元が冷えていることに気づいてませんでした。

著者は西洋医学東洋医学に精通している方で、
両方の側面を加味した上で、
良しとされることを紹介しています。
自身の健康管理をする上で
持っておきたい一冊です。

(読んだ後に実践したこと)
靴下の重ね履きをするようになった
・半身浴の定義を知り、実行するようになった
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

体温を上げると健康になる [身体が資本]




◎また読みたい!→★★★☆☆
◎人に薦めたい!→★★★★☆

(一言メッセージ
体温が一度上昇すると
免疫力はどのくらいアップするか
知っていますか?

(概要)
低体温になりつつある
現代の日本人の生活。
著者は、低体温による身体への害の警鐘を鳴らし、
体温を上げるにはどうすればよいかを
分かりやすく記されています。

意外に、平熱が何度か知らない人が
多いみたいですね。
ちなみに私は36.9度が平熱。
きっと、赤ん坊の体温に近いほうが
健康なんでしょうね。

(読んだ後に実践したこと)
・お風呂の温度を41度に設定した
・白湯を飲むようにした

タグ:健康 体温
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:
身体が資本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。